Staff blog ブログ
  • TOP
  • ブログ
  • ガーデンルームとウッドデッキを、静岡で施工するなら立花ガーデン

ガーデンルームとウッドデッキを、静岡で施工するなら立花ガーデン

2018.04.04

素敵な庭のある生活に憧れたことがありませんか?季節の草花、整備されたアプローチ、デザイン性の高いタイル、綺麗なテーブル、チェアーを置いて、緑に囲まれながらお茶を飲む……など、想像しただけでも嬉しい気持ちになります。そんな庭のある生活を更に理想に近づけるのがガーデンルームやウッドデッキの存在です。ここでは、ガーデンルーム、ウッドデッキの魅力や、施工の際注意点や不安点などご紹介いたします。 p_gr7_1_b


知ってほしい!ガーデンルームの魅力について


 1-1 ガーデンルームとは?

ガーデンルームとは、庭に隣接する掃き出し窓(リビングから庭、バルコニーなどに繋がる身丈より大きい窓の事)から繋がる、屋根、壁、床のある空間の事です。外から見ると家から庭方面に部屋が出っ張っており、室内にいながら、より庭の自然を密接に感じることができます。壁はほとんどがパネル、もしくは折り戸状になっており、開放できるようになっています。

1-2 ガーデンルームの魅力①第2のリビングとして癒しの空間に

季節の草花が咲き乱れる庭でお茶をしたり、食事をしたり……というのは憧れますが、実際には、どうしても虫の存在が気になってしまったり、また、庭での食事は日本ではあまり一般的ではなく、ご近所の方の視線が気になってしまったりと、気ままに庭のある生活を楽しめないこともあるかと思います。ガーデンルームであれば、庭の解放感をそのままに室内でくつろぐことができます。

1-3 ガーデンルームの魅力②天候に左右されない生活スペース

庭というと、自然を鑑賞したり、洗濯物干し場として利用することも多いかと思いますが、それはあくまで天気が良い時を前提とした利用法です。雨天の場合は外に出るのも億劫になりますし、洗濯物も乾きません。とはいえ、部屋干しをすると生乾きの匂いが気になってしまいますよね。そんな時は、ガーデンルームを洗濯物干し場に利用するのがおすすめです。ガーデンルームに服を干し、掃き出し窓を閉めてしまえば、生乾きの匂いも気になりません。

 1-4 気になる点:ガーデンルーム内の気温について

魅力あふれるガーデンルームですが、その光を多く取り込む作りから、「気温の影響を受けやすい」というデメリットがあります。つまり、夏は暑く湿気があり、冬は寒くなってしまうのです。対策としては、夏の場合は換気と日除け設置のすること、冬の場合は二重窓にすることで気温の影響を受けづらくすることができます。

1-5 気温対策をして快適なガーデンルームのある生活に!

気温の影響を受ける、ということは裏を返せば季節を身近に感じられるともとれます。リビングのようにくつろぎながら庭の自然を楽しむことが出来るのがガーデンルームの最大の魅力です。前述したように対策法もありますので、ちゃんと気温対策をしながら季節を感じて、ガーデンルームのある生活を楽しみましょう!


知ってほしい!ウッドデッキの魅力について


ウッドデッキとは、「地面より高い、建物から突出した、木製の床」のことです。「木製のテラス」という分かりやすいかもしれません。住まいの中では主に1階部分に作られるものことを言い、2階部分に作られた場合はベランダやバルコニーになります。また、前述したガーデンルームをこのウッドデッキ上に設置することがあります。

2-2 ウッドデッキの魅力①生活スペースが広がる

ウッドデッキの利点と言えば、まず、「生活スペースが広がる」ということです。洗濯物や布団を干すスペースに使えるのももちろんですが、子供やペットが安全に遊べる空間にもなります。遊ぶスペースなら庭も活用ができますが、お子さんが小さかったり、普段家の中でだけで飼っているペットなどは地面で遊ばせるのには不安なこともあります。その点地面より高い位置にあるウッドデッキなら安心して遊ばせることができます。

2-3  ウッドデッキの魅力②木によるリラックス効果

ウッドデッキはその名通り、木材で作られています。そのため、手触りや色味も優しく温かみがあり、ほんのり木特有のリラックス効果のある香りがあるのが魅力です。この木特有の香りはフィトンチッドと呼ばれており、リラックス効果、防菌効果、殺菌効果があるとされています。また、木造製品に加工された後も、このフィトンチッドの効果は持続するとのことです。近年では、メンテナンスフリーの人口木材のデッキも出てきています。ペンキの塗り直しなどしなくても、きれいな状態を保ちます。

2-4 気になる点:安全性は?

ウッドデッキでお子さんやペットを遊ばせるとなると、気になってくるのが木材そのものの安全性です。ウッドデッキはリビングの掃き出し窓から続くようにつながっていますので、裸足で歩くことが多く、また、ウッドデッキそのものを舐めたりかじったりしてしまうこともあるかもしれません。ウッドデッキはペット(特に犬)の小屋の床に使用されることも多く、フェンスもウッドデッキと同じ木材で作られることもあります。それ故にかじられることも多いとのことですが、特に体に問題や影響はないとのことなので、ご安心ください。

2-5 体に優しいウッドデッキのある生活!

自然に触れること自体に癒しの効果がありますが、草花が咲き乱れる庭の中に作られたウッドデッキで座ったり、寝転んだりするとより一層癒されるかと思います。ぜひ、体に優しい素材で作られたウッドデッキのあるびのびと気持ち良い生活をご検討してみてください! 18d1adfd25dc3a5ba96738a677894cb2_m


理想のガーデンルーム・ウッドデッキのある生活とは?


 3-1 ガーデンルーム・ウッドデッキでやりたいこと

人によってはこれから始めてガーデンルーム、もしくはウッドデッキを持つという方もいらっしゃると思います。ガーデンルームやウッドデッキは、近年少しずつ増えてきたとはいえ、まだまだ珍しい、特別な空間です。そのような特別な空間であるからこそ楽しめることとはどのようなことなのでしょうか?この章では、ウッドデッキ・ガーデンルームで楽しめることを掘り下げていきたいと思います。

3-2 日々の食事やバーベキュー、ホームパーティーに

ガーデンルーム・ウッドデッキはリビングの掃き出し窓から続くように繋がっている空間なので、椅子や机を設置すれば、普段の食事を楽しむことができます。天気の良い日に日差しをいっぱいに浴びてのウッドデッキの食事も魅力的ですし、ガーデンルームであれば天候に左右されず食事を楽しむことができます。また、双方とも喚起のしやすく、リビングの掃き出し窓をしっかり閉じていれば家の中に匂いがつくこともないので、からバーベキューを楽しむのにも適していると言えます。

 3-3 ガーデニングに

庭には植物がつきものですが、土壌の関係で植えることができない植物もありますよね。そんな時は鉢植えで育てるのが便利です。純粋に植物を置くスペースができるのも利点ですが、ガーデンルームであれば特に、温室のようにすることも出来ますし、換気も簡単。それに、嵐の時に植物を非難させるのも通常より楽に済むというメリットもあります。

3-4 サービスヤードとして利用

ガーデンルームとウッドデッキの一番実用的である利点が「サービスヤードとして利用できる」という点です。サービスヤードとは、屋外で家事を行える場所のことで、この章では主に洗濯物干しのことを指します。特に、前述したようにガーデンルームであれば、雨でも曇りでも雪でも洗濯物を干すことができます。

3-5 ガーデンルーム・ウッドデッキは癒しの空間

季節の植物に囲まれるのはもちろん、家族や友達と過ごす時間も何物にも代えがたい大切な癒しの時間です。出来ることなら理想の空間でそのような時間を過ごせたら素敵ですよね。そんな、家族や友人との時間を大切にしたい方にガーデンルーム、もしくはウッドデッキを是非おすすめしたいと思っています。 parts6_2_big


ガーデンルーム・ウッドデッキ施工の際の注意点


 4-1 施工前に知っておきたいこと

さて、いざガーデンルームやウッドデッキを家に作りたい、と思っても、どちらを作るか迷ってしまったり、施工にかかる費用や、施工期間、綺麗な状態を維持できるか、などを不安に思い、足踏みしてしまう方もいるかと思います。そんなお客様の手助けになるよう、この章では、ガーデンルーム・ウッドデッキを施工する前に知っておきたい注意点や不安点について説明いたします。

 4-2 費用について

ガーデンルームとウッドデッキどちらを作ろうか迷ってしまった場合、判断材料として気になるのは「価格」のことだと思われます。双方の価格の違いについてですが、素材や面積によって大きく価格が変わってくるので、どちらの方が安いとは断言が出来ません。立花ガーデンでは「お客様の予算と好みに合わせたプラン」を提案させて頂き、その上で「庭工事の詳細プラン提案、提出まで完全無料」なっております。相談料などはかかりませんので、お気軽に相談してください。

4-3 施工期間について

次に、施工期間ついてです。リフォームという形でガーデンルームやウッドデッキを増築する場合、人の出入りが気になってしまうかと思います。立花ガーデンでは、プラン提案、決定には何回かの打ち合わせを重ねながら、範囲やプランを考慮し、それぞれにあった施工日数を設定していきます。また、外の作業がほとんどのため、多少天候に左右されることもあります。不安な場合は、施工日数の希望についてもお気軽にご相談ください。

4-4 手入れについて

いつまでも綺麗なガーデンルーム・ウッドデッキを保つには手入れが必要になってきます。ガーデンルームは光をたくさん取り入れるために、ガラス張りの部分が多くなります。ガラスの部分は水滴の跡などの汚れが目立つので拭き掃除、砂埃がある場合はほうきや掃除機を利用しましょう。ウッドデッキは主に水洗いでの手入れが必要になります。天然木を使用している場合には、合わせて塗装も行いましょう。近年ではメンテナンスが少なくても良い商品も多数出てきています。

4-5 立花ガーデンのアフターフォローについて

立花ガーデンでは「施工後も良い関係を築きたい」と考えているため、ガーデンルーム、ウッドデッキの施工後、もし不具合があった場合、「スピーディー補修」というアフターフォローを実施しています。迅速に訪問、不具合を対処をさせて頂いていますので、ご安心ください。 p_gr7_7_b


実際の施工プロセス


 5-1 ヒアリング/現場確認

この章では実際に立花ガーデンでの施工のプロセスを説明いたします。まず、初めにお客様がどのようなガーデンルーム、もしくはウッドデッキを理想としているか、ご予算や施工時期などを「ヒアリング」させて頂きます。特にここでは「お客様が何を求めているか」ということに重きを置いて、話し合っていきます。その次に実際に「現場確認」をします。

 5-2 見積もり/ご契約

お客様の希望、予算、施工時期、実際の庭やご住まいの広さ、形状などを確認をした上で、立花ガーデンで「プランニング」と「見積もり」をさせて頂きます。そこからお客様からのご意見を聞き、細かいプランの変更を行います。その後、プランと予算、工期を確認して頂き、ご契約、という流れになっております。

 5-3 プランニング

ご契約後、専門の知識を持ったプランナーが、プランを作成します。立花ガーデンには施工における専門スタッフが多くいる他、デザインにおいても高く評価され、認められています。3Dキャドを用いて、パソコンで図面を作成し、わかりやすくプランをご提案することができます。プランニングが完了後、再度お客様にお庭が完成するまでの流れやお約束事をお伝えするため、ご挨拶をさせて頂きます。

 5-4 施工

ご挨拶後、実際に施工に移っていきます。立花ガーデンは下請け会社を経由しない直接施工が基本となっており、スタッフ同士の絆が深く、また、工期の時間を短縮することができます。また、材料の大量仕入れや、それぞれの作業を分業制を用いているため、コストを抑えた上で、なおかつ、高品質の施工を提供できるのです。施工の関係上、少々大掛かりな作業になる場合いもありますので、ご了承ください。

5-5 アフターフォロー

施工終了後も、立花ガーデンはお客様と良い関係を築いていきたいと頂きたいと考えています。そのため、前述した通り、「スピーディー補修」などのアフターフォローをさせて頂いています。ガーデンルーム、ウッドデッキの施工と合わせて庭工事を行った場合、「樹木の一年枯れ保証制度」のアフターフォローもついていますので、合わせてご利用ください。

 


まとめ


 ・ガーデンルームは天候に左右されない癒しの生活スペースである。

・ウッドデッキは木の優しい肌触りや香りにリラックスしつつ、生活スペースを広げることが出来る。 ・ガーデンルーム・ウッドデッキは両方とも食事やガーデニングを楽しめ、サービスヤードとして利用できるが、個々にも長所がある。 ・ガーデンルームを建築する場合、固定資産税の課税対象になることがある。また、双方とも日々の手入れが欠かせない。 ・「お客様が何を求めているか」ということに重きに置き、お客様に満足して頂けるように施工していく。 もし静岡でガーデンルーム、ウッドデッキの施工をするのであれば、その選択肢として立花ガーデンを検討してみてください。    

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です